全ての事は「性善説」で考えみようかと!

2017年、新年明けましておめでとうございます。 本年も皆様にとって良い1年になるよう祈念いたします。 年の始ということで、新しい気持ちで物事を考えてみたいと思っておりました。 %e3%81%a0%e3%82%8b%e3%81%be%e5%a4%95%e6%97%a5 ビジネスには様々なトラブルがつきもの 会社も4期目に突入しましたが、これまでの3年間を振り返ったり、 さらには、会社化する前の個人事業主の頃も思い出したりしました。 独立して商売をするようになってから、色々なトラブルがあった事を思い出しました。 その都度、心配して辛い気持ちになったり、体調を崩したりする事もありました。 今でも、日々やはり大小何かしらのトラブルがあったり、 想定通り計画通りにスムーズに進展しない事があります。 全ての事は「性善説」で考えよ 色々な体験からの学びとして、 全ての事は「性善説」で考えてOKだという事に気付きました。 性善説とは、儒教の考え方で 「人は誰もが善人として生まれ、育つにつれて悪行を覚える」 というものらしいです。 何かトラブルがあるとき自分が攻撃されているものと感じる事が多いのですが、 そのときに自分を守るために自分も反撃をしようとしたり、もしくは退避しようとします。 そのために、衝突が発生したり、状況が悪化する結果になります。 このときもし、性善説で考えると、状況が良い方向に転回することがあります。 自分が攻撃されているのではなく、 単純に何かを期待されていたり、相手が何かをしてほしい要望を持っているだけで、 それに対して、上手に応える事が正解となります。 流れは自分で作る 実に単純な事なのですが、その渦中ではなかなかそんな冷静にいられないんですよね・・。 でも、事が上手く運ぶように流れを作り、促す事がコツになると思います。 つまり、自分に期待されている事や要望を明確にしたり、誤解を解いたり、 相手の本意を引き出すコミュニケーションをする事が、解決に繋がります。 やはり人間なので、嫌だなぁ〜と感じたりすることもありますが、 「きっと相手も悪いようにしようと考えていないはず」 と信じて、”正解”を探すコミュニケーションを始める事ができれば、 ストレスフリーな日々が送れるのでしょうね!